エナメル、ジェル、スカルプ、チップの違いについて

ツメの上にジェルやアクリル系樹脂を盛る事で、爪を長くしたり、爪の補強を行う事をスカルプチュアと言います。
爪に装飾を行うためには、いくつかの方法がありますが、スカルプチュアは、それの1つの手法と言えます。

 
また、チップを使う方法では、爪の大きさなどにより利用する材料が変わります。
そのため、自分の爪に合った大きさや形のチップを探す事が必要となります。
また、これは自分の爪に貼り付けて行う方法になりますので、耐久性などは弱いと言えるのです。

 
マニュキュアは、最も古くから行なわれていたお洒落の手法でもありますが、これはエナメル素材を利用して爪の上に塗布を行うだけですので、除光液を使えば簡単に色を落とせると言うメリットがあります。
しかし、長い期間維持していく事は難しく、エナメル素材が剥がれてくるため、定期的に塗りなおす事が必要となるわけです。

 
その点、スカルプチュアは、どんな爪の大きさでも施術を可能にしますし、短い爪を長くする事も自在に出来ると言うメリットがあります。
また、耐久性についても、素材を重ねて作り出していきますので、浮きや脱落の発生が少ないと言う利点がある手法でもあるのです。
但し、スカルプチュアは、他の方法と比べると、完成させるまで時間がかかるという特徴もあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

Filed under: 未分類 — ネイル 6:00 PM